料金

お試ししてみたら、「むくみが引いた、体が動かしやすくなった、痛みが軽くなった・・・」

これなら訪問マッサージを利用してみようかな?と思うのだけれど、料金は一体幾らになるのかしら?

健康保険を使うと言うけれど、それでは一体幾らになるのでしょうか?


マッサージ療養費の支給額は厚生労働省によって定められています。

マッサージを受けられる方の状況を元に医師がマッサージする部位を決め同意書を発行した後に始められます。

初検料は発生しません。

部位によるマッサージ料金の違いはありません。


マッサージ支給額

 ・躯幹(背中やお腹など) 285円

 ・右上肢(右肩~右手)  285円

 ・左上肢(左肩~左手)  285円

 ・右下肢(右大腿~右足) 285円

 ・左下肢(左大腿~左足) 285円  最多で5部位となります。


温罨法(施術部位を温める療法です)

 ・一回につき       80円


変形徒手矯正術(関節可動域に制限をきたす病状において、可動域を拡大する目的で行われる徒手による矯正術)

 ・一肢につき       575円

往療料とは私達がマッサージにお伺いする際に発生する『施術所から訪問先の片道直線距離』です。

距離により加算されてゆきます。

最高16Kmまでが認められています。


往療料

 ・施術所 ~ 直線距離での片道2Km まで       1,800円     計1,800円

 ・施術所 ~ 直線距離での片道4Km まで       770円 加算  (1,800円+770円=)合計2,570円

 ・施術所 ~ 直線距離での片道6Km まで       1,540円 加算 (1,800円+1,540円=)合計3,340円

 ・施術所 ~ 直線距離での片道6Km超~16Km まで  2,310円 加算 (1,800円+2,310円=)合計4,410円


算出例

 例1

 施術所 ➡ A様宅 直線距離にして 3.5Km の場合 往療料は 2,570円 となります。


 例2:

 施術所 ➡ A様宅 ➡ B様宅 と施術に向かうとします。

      ・A様宅は施術所から 3.5Km

      ・B様宅は施術所から 2Km ですが、A様宅からは 4.5Km とします。

 この場合、B様の往療料は 2Km 1,800円 となります。


 例3:

 施術所 ➡ C様宅 ➡ D様宅 と施術に向かうとします。

      ・C様宅は施術所から 5Km

      ・D様宅は施術所から 7Km ですが、 C様宅からは 2Km とします。

 この場合、C様の往療料は 5Km 3,340円 となります。

      D様の往療料は 2Km 1,800円 となります。


*基本的に往療料は施術所、または前の施術地点から直線距離にして短い方の距離が採択されます。

下にあるリンクで二点距離の測定ができます。

フローラ訪問マッサージ所在地は 静岡県御殿場市萩原1336-6 です。

訪問先(自宅・施設)のご住所を入力してください。

直線距離にして何キロに相当するかが算出されます。


マッサージ支給額と往寮料


実際の例

A様:マッサージ部位5部位 往療距離3Km 81歳 保険負担1割

1,425(285円×5部位)+2,570(1,800円+770円)=3,995(円)×0.1(保険負担金1割)≒400(円)

A様にお支払いただく金額は 一回につき400円 となります。


B様: マッサージ部位3部位 変形徒手矯正術2部位 往療距離7Km 77歳 保険負担1割

855(285円×3部位)+1,150(575円×2部位)+4,110(円)=(円)×0.1(保険負担金1割)≒612(円)

B様にお支払いいただく金額は 一回につき612円 となります。


C様:マッサージ部位5部位 往療距離4.4Km 53歳 保険負担1割

1,425(285円×5部位)+3,340(1,800円+1,540円)=4,765(円)×0.1(保険負担金1割)≒477(円)

C様にお支払いいただく金額は 一回につき477円 となります。


お分かりいただけましたか?

目安として一回ご利用の料金は500円前後となります。例として計算式を掲載しましたが、自己負担金等の計算は

私達が致しますので、ご利用者様が計算して書類提出というようなことはございませんので、ご安心ください。